遺品整理を真心込めて格安価格で

ご遺族に代わり故人の品の回収を代行

ふと思い出したこと

こんにちは、遺品整理ネットです。

最近、ふと思い出したことがあります。

私が高校2年生の時、修学旅行で関西に行っていました。

楽しい3日間を終え、電車で地元の駅に戻ってくると、ホームに兄がいました。

なんでこんなところに兄貴がいるのかな??って思いながら話しかけてみると

ひいばあちゃんが亡くなったって。

数年寝たきりで自宅で介護してたのですが、田舎なもんでヘルパーさんも

おらず、ばあちゃんを筆頭に家族みんなで介護してました。昔っから私はばあちゃん子で

ひいばあちゃんも大好きでした。

いつかはそうなると思っていましたが、いざその瞬間になると信じられなくて。

身近な家族が逝ってしまった初めての経験でした。

葬儀も終え、ひと段落してきたある日、なんだかひいばあちゃんに呼ばれている気がして

部屋に行って泣いた時もありました。

まだばあちゃんは生きていますが、いつかはひいばあちゃんと同じ様に天国へ行くんですね。

悲しいというより、その日まで楽しくいてほしいといつも思います。

実家に帰省してもまっさきにばあちゃんに会いに行って、帰るときも最後はばあちゃんの

所に行って。

「トイレの神様」っていう歌がありますが、すんげー好きです。

すごくプラベートな事のブログになりましたが、ばあちゃんに結婚式見せられて本当に

良かった。そう思って書いてしまいました。

私に限らず遺品整理ネットは家族を大切にすることを信条に日々活動しています。

いつでもお客様のお話聞かせてください。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます