遺品整理を真心込めて格安価格で

ご遺族に代わり故人の品の回収を代行

秋に増えるハウスダストアレルギーに注意を

「最近、くしゃみが出て鼻水が止まらない!」という方、いらっしゃいませんか? 

「もしや風邪?」と疑いがちですが、

この時期に、くしゃみがとまらなくて微熱が出た場合は、

まず、風邪よりも“花粉症”や“ハウスダスト”を疑いましょう。

花王生活文化研究所の調べによると、夏(6~7月)は、ダニの繁殖シーズンですが、

秋(10月)の寝室のカーペットのハウスダスト量は、夏(7月)と比べて、

1.4倍の“1平方メートルあたり700匹”という調査結果があります。

つまり、ハウスダストは夏よりも秋のほうが、多いのです! 

また、花粉症の方は、花粉だけでなく、ハウスダストのアレルギーも出やすいので、

ハウスダスト対策をあなどってはいけません。対策を行わないと、症状はひどくなる一方です。

■秋に増えるハウスダストアレルギーに注意を

なぜ秋になってハウスダストの症状が出るのかというと、

ムシムシした環境が大好きなダニは夏に繁殖しますが、ダニの寿命は100日程度。

つまり、夏に繁殖したダニは、ちょうど秋に寿命を迎えることになります。

すると、秋にダニの死骸が大量に発生することになるので、この時期にハウスダストは増えるのです。

ダニやダニの死骸、フン、カビ、繊維クズ、ペットの毛、フケ、垢、花粉……。

これらはすべてハウスダストです。

ハウスダストは、人が動くことによって空気中に舞い上がります。

そして、私たちは気がつかない間に、この舞い上がったハウスダストを吸い込んでしまっています。

私たちの吸い込む量が一定量を超えると、

くしゃみや鼻水といった、アレルギー反応が出るようになります。

人によっては、せきが出る場合もあります。

これは、体内に侵入しようとした外敵を追い出そうとする免疫反応。

ですから、くしゃみや鼻水をあえて止めようとする必要はありません。

しかし、症状が治まらないと体もだるくなってしまいますので、辛いですよね。

これ以上、悪化させないためには、早めの対策が肝心です!

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます