遺品整理を真心込めて格安価格で

ご遺族に代わり故人の品の回収を代行

ゴミ屋敷

ゴミ部屋やゴミマンションというものは、ゴミがたまった状態のことを言います。

私の家の近くにも、駐車場に私から見ると、不用品と思ってしまうものが

山のように積んであるお家があります。

1度きれいになったことがあったのですが、

また、同じような状態になっていました。

でも、きっと私から見ると不用品ですが

ご本人様から見ると

不用品ではないようです。

ゴミに関して、個人の意識の持ちようで、それが時として大切な物になったりゴミに見えたりで、大きくその人の主観が入ってしまいます。

読み終えた新聞紙も、資源ごみとして出せば、立派なリサイクル資源となります。

生もののゴミも、時として飼料として家畜の餌になれば、それはゴミではないのです。

他人が見てゴミでも、本人にとっては大切な宝物である場合もあり、

ゴミ部屋そのものがそうした本人の快適な住空間になるケースもあります。

ゴミ部屋の発覚は、外から見て、明らかに不用な物が詰まっているのが見えたり、

生ものが腐って悪臭を放ち、近隣に迷惑をかけているケース。

他にもゴキブリやネズミが大量に発生して近隣に迷惑をかけるケース。

第三者に迷惑をかける時点では、ゴミ屋敷と判断されるのかもしれません。

では、どうして本人はゴミをためてしまったのか?

もともと自分でゴミを片づけようとしても片づけられない性格の場合。(そのような心の病の場合もあります。)

片づけようとしない、片づける意識がない場合。

認知症でゴミを認識できない、もしくは認識してもゴミの搬出がわからなくなってしまった場合。

大きく分けて以上の3つのケースがあげられます。

性格的に片付けができない場合は、その人の性格を変えるしかありません。

片づける意識がない場合は、気付かせて、実行させるしかありません。

認知症の場合は、それを見守る人が見てあげるしかありません。

病気に伴うゴミ部屋のケースは、社会の仕組みもしくは制度を新設して片付けをしなければ、

今後ますます増えていくことでしょう。

「ゴミは、ためないようにする」

なぜ、ゴミをためてしまったのか、まずは原因を究明し、

整理で部屋が片付いたならば、二度と再発しないようにとの注意を促し

片づけ方のアドバイスなどもできたらと思っております。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます