遺品整理を真心込めて格安価格で

ご遺族に代わり故人の品の回収を代行

遺品整理の形見分け

亡くなった方の遺品には亡くなった方との思い出や魂がこもっているといいます。

一般的には四十九日の忌明け後にするのが良いとされていますが

諸々の事情から出来るだけ早く遺品整理しないといけない場合もあります。

その場合、葬儀が一段落しましたら形見分けしてあげる方が宜しいでしょう。

遺品整理で洋服や着物などは形見分けにはよく贈られますが、

クリーニングした上で出来るだけその人の体系に則したものを選んであげましょう。

装身具、家具、身辺の小物など、亡くなった方の供養という意味合いも込め

親しい方にその人と関わりのあるものや思い出の品を贈るのがいいでしょう。

その時は、思いを込める意味でなるべく手渡しで渡します。

逆に頂いたときは、お墓や仏壇に手を合わせて感謝の気持ちを表します。


わたくしたちも、ご供養の気持ちを込め

1品1品、しっかりと整理させて頂きます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます