遺品整理を真心込めて格安価格で

ご遺族に代わり故人の品の回収を代行

暑い中の遺品整理にはご注意を!!

こんにちは☆

少し気になるニュースを見つけました。

ペットボトル症候群ご存知ですか?

遺品整理を行っているお客様もいらっしゃると思いますが

くれぐれも、熱中症等にはお気を付けください。

そして、遺品整理ネットでは

お客様とじっくりお話させていただき、

出来るだけご希望にお答えしたいと思っております。

大変なときには、プロにお任せください!!!

うだるような暑さの中、ついつい手を伸ばしてしまうのが、ペットボトルでの水分補給。

しかし、注意しなければならないことがある。

たまプラーザ内科クリニックの星 賢二院長は「太っている方は特に、『ペットボトル症候群』に気をつけていただきたいと思います」と話した。

「ペットボトル症候群」とは、糖分を含んだ清涼飲料水を一気に飲むことで、急激に血糖値が上がることで、

昏睡(こんすい)状態に陥るなど、糖分が原因となって引き起こされる。

星院長の調査によると、

500mlのペットボトルの場合、一般的なスポーツ飲料には、角砂糖がおよそ11個、炭酸飲料にはおよそ12個、

そしてジュースには、およそ13個分の分が入っているものもあるという。

容量の多いペットボトルで清涼飲料水を飲み過ぎたために起こる、

糖尿病性ケトアシドーシスを指します。

ペットボトル症候群で問題視される行動は

糖分の含有量が多い清涼飲料水を大量に飲みすぎることです。

この行為は糖尿病の一歩手前である高血糖へ繋がりかねません。

喉が渇く度に清涼飲料水を飲み続けると、高血糖をどんどん悪化させてしまいます。

ひどい場合は意識を失います。

糖尿病になると尿の量が多くなります。

そのために症状がひどくなるにつれて脱水状態を起こすようになり、

この場合も昏睡状態に陥る危険が非常に強まります(糖尿病性昏睡)。

ペットボトル症候群を防ぐために、清涼飲料水を飲む量に注意しましょう。

飲み過ぎたと思ったら、水や麦茶などで水分補給。

当社のスタッフも、炭酸飲料を飲んでいるスタッフが多いので

注意したいと思います。

遺品整理を見ず知らずの人に任せられない

費用を掛かるし、自分たちで行おうというお客様もいると思いますが

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます